30代の顔の臭い対処法

30代になると、肌年齢が重なってくるので少しだけ回復力が衰えてきます。
ちょっとずつですが、脂っぽいニオイを顔からも出してしまうんです。

だいたいこの年代の後半からジアセチルという
不快で脂のようなニオイが顔や頭部から発生してきます。

 

いわゆるお父さんの枕の臭いというやつで、男臭いとも表現できますが、
ぶっちゃけ中年の臭いニオイです。

このニオイは「ミドル脂臭(ししゅう)」とも言われている、
加齢臭とはまた違う、30代から40代にかけての発生する独自のニオイ成分なんです。

表皮ブドウ球菌など誰でも肌に持っている菌が汗(乳酸)と反応して生成されます。

 

さらに、30代からは皮脂汚れや皮脂のつまりが多くなるので、
ジアセチルと組み合わさって顔の臭いが増えてしまう傾向にあります。


対処法としては、
フラボノイドや茶カテキンなどの植物エキスが入った洗顔料を使って
朝晩ともしっかりと洗顔をします。

薬用成分の入った石鹸などで洗顔するのもけっこう顔の臭いに効きます。


日中もこまめに汗を拭きとって顔の表面を清潔に保つようにしましょう。


また乳酸が多く分泌される原因には血行不足もありますので、
適度な運動や健康的な食事をして体の中からも顔の臭いを防ぐことができます。