顔臭いはちゃんと対応すれば治りますよ。

まさか、自分が「顔の臭い」で悩むことになるとは思いませんでした。


初めて顔の臭いに気が付いたのは、
子供から「お母さんの顔なんか変な臭いがするよ」と言われてからです。

顔から匂いがするということの経験がなかった私は、「本当なの?」と
子供の発言を疑いました。


試しに脂取り紙で顔全体を覆ってみたところ、確かに何とも言えない変な匂いがするのです。

顔の臭いの原因は、皮脂に詰まった汚れが酸化することによって発生するらしいのですが、
毎日、クレンジングも洗顔もしっかりとしている私の何がいけなかったのでしょう。


思い当たる節も見つからず、ネットで「顔の臭い」について調べてみると、
どうやら、年齢的に匂いの原因は「加齢臭の一部」ということが分かりました。


加齢臭といえば男性が発するものとばかり思っていましたが、女性でもなるのです。


確かに、幼いころ母親の近くによると、独特の匂いがした記憶がよみがえってきました。

母が、近くに寄ってくるときはなんとなく臭くて息を止めながら対応していたこともありました。


「自分もそんな年齢になったのだな」と思いつつも、
このままの現状から打破したい気持ちもありました。


改善方法について悩んだ挙句、私が行ったのは病院に行くことでした。

病院で「顔の臭いについて悩んでいる」と相談した結果、
きちんとした診断名もつき薬を処方してくれたのです。


飲むタイプのものとお肌に直接塗るタイプの両方を使用しました。


すると、脂っぽかったお肌の状態もなくなり、顔の臭いも気にならなくなりました。


併せて洗顔方法も変えてみました。
泡立ちが良くなる洗顔料を使い、
頬のあたりを円を描くようにしっかりと洗っていきます。


また、以前は、洗顔時には水を使っていましたが、
ぬるま湯に変えて使ってみることにしました。


病院の薬と、正しい洗顔法により症状は改善し、
子供からも「お母さん、最近は臭くなくなったね」と言われるようになりうれしく思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ