中学生の頃、仲の良かった友人から顔の臭いについて指摘されたことがありました。
仲が良かったからこそ言えたことなのかもしれませんが、
自分では全く気付いていなかったので当時はかなりショックでした。

家族に話を聞いてみるとやはり親なども少し気になっていたようで、
いつからどんな臭いがしていたのか詳細を聞きました。


話によると私の顔からは衣類の生乾きのような臭いがしており、
思春期特有の世代臭とはまた違うものでした。

当時一番悩んだこととしては、異性からの視線です。

教室で女子が何も言わずにこちらを見ていたりすると、
臭くて見られているのではと胸が張り裂けそうにもなりました。

頭皮やワキの臭いと違い、顔の臭いというのは対策がとても難しいのです。
念入りに洗顔しても効果は今ひとつでしたし、
何より自覚できる臭いではなかったので自分で効果を確かめる術がありませんでした。

それが原因で一時期不登校になりかけたこともあります。


ところがそんな私に救世主が現れました。
それが、以前からちょっとずつ通っていた皮膚科の先生です。

元の通っていた理由はニキビだったのですが、
その診察のついでに顔の臭いについても訊いてみたのです。

すると皮膚の表面の汚れが原因かもしれないからと、
いつもより洗浄力が強めの石鹸を出してくれました。

結果的にはこの石鹸のおかげで、
徐々に私が顔の臭いを気にすることは減っていきました。

逆に石鹸のいい匂いを武器にできるようにもなったので、本当に救われた気持ちでした。


自分の体臭は自分では分からないとはよく言いますが、
高校生以降はかなり神経質にケアをするようになりました。

今振り返れば気にし過ぎていたかもしれませんが、
年頃なのもあり人目の不安さえなくなればという考えがあったのです。

あのとき顔の臭いを指摘してくれた友人には感謝しています。
自分がこうして悩んだからこそ、
逆に他人の臭いに気が付いたときも様々な配慮ができるようにもなりました。

苦い思い出ではありますが、今の私の大切な学習材料となっています。