顔の臭いには洗顔で皮脂を落とすのが最適!

顔の匂いが臭いのは肌が脂性であったり、毛穴のたるみも影響してきます。
皮脂が毛穴に詰まりそれを取り除かないでいると、
酸化してきて徐々に匂いを発するようになってくるからです。

このため、小鼻の脇など毛穴がたるみ皮脂の分泌も活発で
多くたまりやすい場所に角栓が出来やすく、
取り除いたりすると臭い匂いがします。

 

顔の匂いを無くすためには、洗顔が大切です。

匂いのもとの皮脂を取り除くため、
毛穴の奥まで綺麗に洗い流せるように脂分を吸着してくれる洗顔料だといいんですが、
肌に全く皮脂が無くなってしまうと乾燥しやすくなり肌を傷めるため、
洗いすぎたりこすり過ぎるのはよくありません。

 

角栓を絞り出したり、無理やり引っ張りだして取り除いたりすると傷がつきやすく、
炎症などを起こして肌に良くないので避けるべきで、
肌に優しい洗顔料にて取り除いたほうが良いです。

しっかりと泡立ってて肌を包むように洗うことがポイントで、
顔の匂いが気になるからと、香料が強く入っているものを使うと
肌が余計に荒れる場合もあるので注意しましょう。

 

洗顔料は皮脂の分泌を抑えて、毛穴も引き締めてくれる成分が入っているものなどを選び、
綺麗に洗った後の肌のケアも忘れずに行うべきです。

顔を洗うたびに毛穴が引き締まってくれれば、
たるみにくくなって皮脂が溜まってしまう予防にもなります。

 

唇の下から顎にかけては、毛穴が広がっているイメージがありませんが、
細かな角栓が出来やすい部分で、垢なども溜まりやすくなっているので、
洗い忘れがないようにすると良いです。