顔が臭いのは脂性肌だからかも?!

顔の臭いは主に分泌される皮脂の量が過剰な状況で発生しやすく、脂性肌や敏感肌など特殊な肌質の人は注意が必要となってきます。

一般的に女性よりも男性の方が顔における皮脂分泌量は多い傾向にあり、体質次第では年齢を重ねるごとに加齢臭へと繋がる可能性が高まっていくため、適切な洗顔をして原因の改善を目指すべきです。

 

顔の臭いを始めとした皮脂で生じる臭いは皮脂が酸化することによって起こり、ノネナールと呼ばれる物質が分泌された際に加齢臭へ繋がっていきます。

これらは日常的に分泌が繰り返される特性を持っていることから、ふつうの洗顔では完全に改善するのが難しく、皮脂汚れを確実に落としながら、潤いをキープしてくれる洗顔料を使うのがベストです。
また洗顔と同時に別の対策を立てておくこともポイントになります。

 

まず、ストレスや脂っこい食事を可能な限り避けておき、汗や皮脂の臭いを極力抑える基礎的な対策が重要であり、
臭いの発生原因を根本から改善すれば分泌される皮脂量が多い体質でも顔の臭いを予防できます。

 

同時に定期的な運動を行うことで汗線の働きを正常化させ、血行を促進する選択肢も効果を見込めます。

また、洗顔を行う際は洗顔料の泡立てをしっかり行い、泡で優しく洗ったあと、ぬるま湯を使って流すという刺激の少ない方法が有効です。

過剰な頻度で洗いすぎたり肌への刺激が大きい場合は乾燥やニキビの原因となるほか、
皮脂分泌が余計に促進されてしまい、顔の臭いを悪化させる可能性も考えられるため、正しい洗顔方法を習慣付けておくと臭いの予防に役立ちます。