顔が臭いとうより、鼻の脂が臭いのか?

顔が臭いとうより、鼻の脂が臭いのか?

頭やワキ、足やデリケートゾーンなどの臭いはケアを行う人も多いですが、
顔臭いのケアまでしている人は少ないかもしれません。


実は、顔も酸化した皮脂が臭いを放つことがあり、特に脂肌性の人だと臭いやすくなります。


脂肌性は、皮脂が過剰に分泌されている肌のことで顔がテカったりします。
特に鼻のまわりは複雑な形をしているので、皮脂汚れがたまりやすく、
よって他よりも臭う場合が多いんです。

 


皮脂は多すぎても困りますが、肌には欠かせないものです。


肌の表面は皮脂膜で刺激から肌を守っていて、
肌から水分が蒸発するのを防いで潤いを保ったり、
弱酸性の状態を保って雑菌が繁殖しにくい環境を整えています。

 

様々な原因で過剰に分泌されると、
見た目だけでなく吹き出物も出来やすくなり酸化して臭いが起こります。


脂肌性の原因は、男性ホルモンにより皮脂腺の分泌が刺激されたり、
ストレスで男性ホルモンが分泌されやすくなったり、
脂肪分の多い食事や糖質などを多く取ると脂っぽい皮膚になります。

 

また、洗顔のしすぎも必要なものまで洗い流すため、
肌を守るために多く分泌されます。


乾燥も、皮膚の保湿力が下がってしまい、
本来の役割である保湿のために多く分泌します。


気になるときには過剰に洗顔するよりも、ティッシュで優しく拭き取ります。
または、洗顔後には化粧水をたっぷりと肌に浸透させます。

 

ただ、べたつくからといって乳液やクリームを使わないと、
化粧水で保湿をした肌の水分が蒸発してしまいます。


乳液や美容液、クリームは肌へ蓋をする役目があるので、
こってりとしたテクスチャーよりもさらりとしたタイプがよいです。

 

 

洗顔だけでなく、生活習慣の見直しも大切なことです。


ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる野菜を多めにとって、
脂分の多い肉や糖質をたくさん含んでいる炭水化物の取りすぎには注意が必要です。


ストレスを溜めすぎないように、睡眠や休息などもしっかりととるようにしましょう。

 

夏は、特に多く分泌されるため酸化もしやすくて、臭いがしてしまいます。


臭いばかり気にし過ぎてもそれがストレスになりますが、
出来る限りの対策をしておくことで臭いも軽減します。


顔臭いも気になる時期ですが、適度な洗顔をしてからしっかりと水分を補って保湿をして、
生活習慣を見直していくことで臭いも少なくなります。

 


脂性だからといって洗浄力の強い洗顔剤を使ったり、
1日に何度も顔を洗うと余計に脂っぽくなって顔が臭います。


また、洗顔だけでなく規則正しい生活も臭いを改善するポイントです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ